お金を貯めるタイミングはいつ?|お金を増やすチャンスを逃さない

進化する資産運用

独身の間にお金を貯める習慣をつける

人の一生にはお金を貯めやすい時期が3度あるといわれています。

そのタイミングを逃さずにお金を貯めることが大切です。

この「貯めどき」をどのように過ごすかによって、将来の貯蓄額には大きな差がつきます。

まず、初めのタイミングは、働き始めてから結婚するまでの独身の期間です。

大半の人にとって独身時代は自分のためにお金が使える時期です。

特に実家暮らしの場合は、家賃がかからないというメリットがあり、お金を貯めやすい時期といえます。

人によっては趣味にお金をかけたり、女性であれば美容にお金を使ったりと自己投資にお金をかける時期ですが、お金を貯めたい人にとっては無駄に過ごしてはいけない時期です。

貯める習慣を身に付ける時期でもあります。

夫婦の収入を全て生活費としない

結婚しても共働きの夫婦が多い今の時代では、子どもができるまでが第2の貯めどきです。

夫婦2人の収入があると、出費も多くなりがちです。

たとえば、夫の給料だけで生活することにし、妻の給料は貯蓄に回すなど、「夫婦2人分の収入=生活費」にしないようにすることをオススメします。

子どもができれば当然出費は増えますが、貯蓄の習慣は継続することが重要です。

教育費で一番お金がかかるのは、大学進学以降の18歳から21歳までの間です。

それまでに目標を決めて貯蓄する必要があります。

少額でも構わないので継続することを心がけるようにしましょう。

定年直前は老後を意識する

お金が貯められる3度目のチャンスは、ズバリ定年直前です。

多くの家庭では子育てが一段落し、教育費がかからなくなることで金銭的にも余裕ができている時期となります。

この時期は定年後(老後)を見据え、お金を貯める最後のチャンスといえるでしょう。

それまでは教育費のために貯蓄をしていた家庭も、自身の老後のための資金作りが必要となります。

会社員であれば定年退職するまでの期間が勝負です。

定年後は収入が年金のみとなる人も多いでしょう。

その年金も、これからの時代は受給できる年齢が先送りになり、さらに受給額も目減りすることが予想されます。

お金を貯める最後のチャンスで。この時期を逃さないようにしたいところです。

では、それぞれのタイミングでどれくらい貯蓄すれば良いのでしょうか。

まず、独身時代ですが、実家にいる場合、手取りの4割、一人暮らしの場合であれば、2割を貯蓄することを目標にしましょう。

夫婦共々働きの場合は妻の大半の収入は貯蓄に回し、子育てが始まっても1割から2割は貯めるようにします。

そして子育てが終了したら夫の収入から2割から3割、可能であれば妻もパートに出ることで老後資金作りをしましょう。

夫婦の場合はお互いの協力が必須です。

まずは毎月の貯蓄額を先取りし、目的を持つことが大切です。

人生でお金を貯めるタイミング

お金をの貯めどきは3回あります。

「独身時代」「結婚から出産まで」「定年直前」です。

お金を貯めるタイミング

タイミング別お金の貯め方

1.独身時代

独身

流動性があるものを中心に運用します。

  • 社内貯金
  • 財形貯蓄
  • 自動積立定期預金
  • つみたてNISA

理想の貯蓄率は手取り額の4割(一人暮らしの場合は2割)です。

2.結婚から出産まで

結婚

夫婦共有の口座を作り管理します。

  • 財形貯蓄
  • 年金保険
  • 自動積立定期預金
  • つみたてNISA

理想の貯蓄率は夫婦収入合計の4割です。

3.定年直前

定年

保険の見直しなどを行います。

  • 自動積立定期預金
  • つみたてNISA
  • 生命保険料の見直し

理想の貯蓄率は2~3割です。

コメント