お金が貯まるしくみ|理想的な支出配分や家計のムダを洗い出す方法とは?

進化する資産運用

そのお金は消費?浪費?それとも投資?

お金の使い方は「消費」「浪費」「投資」の大きく3つに分かれます。

「消費」とは、生活する上で避けられない支出です。

家賃、食費、光熱費、通信費、医療費、税金の支払いなどがあたります。

「浪費」は、娯楽や趣味など、必ずしも必要とは限らない支払いを指します。

たとえば、ゲームやギャンブル、他にも衝動買いして着ない洋服、月会費だけ払い続けているスポーツクラブなども含まれます。

「ゲームは気分転換に必要」「スポーツクラブは健康維持のために必要」などと浪費の自覚なく払う人もいます。

「投資」は、将来利益を得ることを目的とした支出です。

資格取得のための勉強代、習い事、ビジネス書を読むなど、自分の価値を高めるためのスキルアップも投資といえます。

ただし、資格取得や習い事といっても、闇雲にすればいいわけではなく、将来を見据えて資産になりそうなものを選ぶことも重要です。

投資のつもりが浪費になる場合もありますので、要注意です。

「消費」「浪費」「投資」それぞれの配分は?

1.理想的な支出の配分

理想的な支出の配分

お金の使い方を明らかにすることで無駄遣いを減らすことができます。

収入の4分の1は自己投資に回すことが大切です。

支出の配分については、概ね円グラフのように考えておくと良いでしょう。

消費は生活する上で必要な経費なので仕方がありませんが、浪費の割合は、できればゼロにしたいところです。

趣味や娯楽は日々の楽しみやストレス解消になる場合もありますが、できるだけ減らそうと意識することが大切です。

投資の割合は将来の生活に大きな影響与える必要経費として、最低でも2割はキープできるようにするのが理想的です。

2.「いくら使った」より「何に使った」

(1)消費

【使ったお金 = 価値】

生きていくために必要な支出で、他に代替のない、払った分の価値相当に値するものをいいます。

最低限、減らすことができない出費のことです。

(2)浪費

【使ったお金 > 価値】

必要のない無駄な支出のことで、払ったお金よりも将来に渡って得る利益・メリットが少ない支出のことをいいます。

これらの支出は無くすことが理想的です。

(3)投資

【使ったお金 < 得られる価値】

自分への投資として必要な支出で、一時的にマイナス収支になったとしても、将来的にはプラスに転じる可能性が高い出費のことをいいます。

お金を貯めるには「先取り」をする

給料が残ったら貯蓄に回そうと考える人がいますが、お金を貯めるためには「先に貯める分を引いて残りで生活する」ことが大切です。

つまり「収入−生活費=貯蓄」ではなく「収入−貯蓄=生活費」なのです。

また、給料が増えた場合に貯蓄や投資に回すお金は、「定額」ではなく「定率」で貯めることが必要です。

増えた分からも無駄なく残すことで、お金が貯まっていくのです。

逆もまた然りなので、定率を意識することが重要です。

家計の無駄を見直すだけで、お金は増えていきます。

まずはこれまで使っていたお金の内訳を知ることから始めてみましょう。

【用語解説】定額と定率

「定額」とは一定の金額や決まった額のことで、定期的に一定額を貯蓄することが可能です。

「定率」とは一定の割合のことで、額は収入に応じて変動します。

万一、収入減となったとき、生活費のダメージを少なくすることが可能です。

【お金が貯まる仕組み】

お金が貯まるしくみ

【月々の収入】

月々の収入

先取り貯蓄にオススメの貯蓄「自動積立定期預金」「給与天引きの財形貯蓄」「社内預金」など、毎月決まった日に決まった額を先に別にすることでお金が貯まります。

コメント