資産をどんどん増やすコツ|重要ポイントはお金の流れと資産の把握!

進化する資産運用

家計簿をつけることで生活を知ることができる

お金を貯めたい人にとって、家計簿をつけることは必須です。

家計簿をつけることで、自身の生活を知ることができます。

収入に対してどんな出費をしているのか、無駄なものにお金を使っていないかを客観視できるのです。

家計簿は収入と支出をつけることからはじまります。

重要なのは、支出の内容を把握することです。

まずは支出を「住居費」「食費」「保険料」「交際費」など大きく10費目ほどに振り分けます。

ここでポイントなのが、これらをさらに「固定費」と「変動費」に分けることです。

【生活費の内訳】

生活費の内訳

<固定費>

生活する上で必ず発生する一定額の支出

住宅費、光熱費、通信費、保険料など

<変動費>

行動の頻度や度合い、何を選択するかによって変わる定額ではない支出

食費、日用品、娯楽費、交際費など

固定費と変動費はどちらを削ると効果的か

節約というと、大半の人が最初にすることは、外食を減らしたり、買い物を控えたり、「変動費」に目を向けることが多いと思います。

変動費はさまざまな工夫で抑えることができるので、節約の効果が直ちに現れるというメリットがあります。

ただ、変動費は、見直しても一過性のものなので、実は見直しが必要なのは「固定費」です。

たとえば、住宅関連費には、家賃や住宅ローン、税金などが含まれます。

家賃は手取り月収の25%までが理想的です。

大きくオーバーしている場合は、引っ越しなども視野に入れる必要があります。

また、住宅ローンについても金融機関に相談し、今よりも金利が下がるようであれば借り換えをしましょう。

長期で見ると数百万円の削減ができることもあります。

そして多くの人が加入している保険ですが、保険会社に勧められるまま、必要以上に高額な保険に加入していることがあります。

また、ライフステージの変化によって見直しが必要になることもあります。

保険の見直しを必ずすることをオススメします。

【用語解説】オーバーローン

住宅ローンで住宅を購入した後、やむを得ず手放す場合、売却価格以上の負債が残る状態のことです。

住宅売却してもローンが残る状況となるので家計の改善にはつながりません。

現在の資産がどれだけあるかは負債と合わせて考える

家計簿でお金の流れを把握したら、次は資産の把握です。

資産は大きく2つに分かれます。

1つは現金化した際の価値となる「資産」、もう一つは住宅ローンや車をローンで払っている場合の「負債」です。

資産のうち、自動車、生命保険、株などは売却した場合の返戻金で考えます。

そして、資産から負債を引いた残りが「純資産」となります。

お金を増やしたいのであれば純資産増やしていくことが重要です。

負債のことまで気にかけない場合が多いのですが、改めて把握することが負債を意識し、それ以上増やさないように心がけるきっかけとなることでしょう。

まずは、お金の流れを知ること、そして生活パターンを再度確認し、無駄なところは見直し、現時点での資産と負債を把握することで資産はどんどん増えていくようになるのです。

【必要なのは「純資産」を増やすこと】

純資産

コメント