キャッシュレス決済利用のススメ|メリットが多い決済手法を上手に活用!

進化する資産運用

時代は現金主義からキャッシュレスへ

キャッシュレス決済は、日本でも以前から活用されてきました。

たとえば、クレジットカードとデビットカードをはじめとする銀行口座と連携した決済方法は、キャッシュレス決済の草分けといえます。

また、電車に乗るときに使うSuicaやICOCAなどの電子マネーもキャッシュレス決済となります。

しかし、日本のキャッシュレス決済の比率は、2019年時点でわずか2割程度にとどまっており、世界トップクラスといわれる韓国が9割超であるのと比べると、キャッシュレス後進国と呼ばざるを得ない状況でした。

2019年10月から消費税が10%に引き上げられたのと同時に景気対策として「キャッシュレス・消費者還元事業」が政府主導により、2020年6月まで行われました。

この授業は、消費税増税による消費減退を食い止めるために、2%あるいは5%キャッシュ(ポイント)バックすることにより消費活動を継続させることを目的とするとともに、経済産業省が策定した「キャッシュレス・ビジョン」に沿い、当時20%程度しかなかったキャッシュレス決済利用率を、2025年までに40%まで引き上げるための足がかりにしたいという目的もあったのです。

【キャッシュレス決済の主な形態】

キャッシュレス支払手段の例

 

前払い方式

(プリペイド)

即時払い方式

(リアルタイムペイ)

後払い方式

(ポストペイ)

キャッシュレスサービス例

電子マネー

(交通系・流通系)

デビットカード(銀行系他)

モバイルウォレット

(QRコード等)

クレジットカード

(磁気カード、ICカード)

特徴

利用金額を事前にチャージ

リアルタイム取引

リアルタイム取引

後払い

主な支払方法

タッチ式(非接触)

スライド式(磁気)

読み込み式(IC)

カメラ/スキャナ読み込み(QRコード、バーコード)

タッチ式(非接触)

スライド式(磁気)

読み込み式(IC)

出典:経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」

キャッシュレス決済の活用が拡大

2019年当初は、ポイント還元目的にキャッシュレス決済を活用した人が多く、若者を中心に利用が広がっていましたが、新型コロナウィルスが蔓延した2020年4月以降は、現金の受け渡しによる接触を回避できる手段として、キャッシュレス決済が活用され始めました。

キャッシュレス決済では、カードやQRコードなど、通信を介して決済を行えるため、財布から小銭を取り出したり、お釣りを受け取ったりする際の接触による感染拡大を回避できるというメリットが注目されてきたということです。

特筆すべき事は、今までキャッシュレスに疎いといわれてきた中高年世代も、感染防止という観点からキャッシュレスを活用するになったことでしょう。

【コロナ禍における支払方法の変化】

コロナ禍における支配方法の変化

出典:NECソリューションイノベータ「2020年版 一般消費者におけるキャッシュレス利用実態調査レポート」

新型コロナウイルスにより、 スマホ決済(QRコード型)の利用頻度が最も増加し、現金の利用頻度が減少していることが分かります。

キャッシュレスはポイントが貯まる

消費者還元事業が終了したとはいえ、キャッシュレス決済には引き続き、ポイント還元が受けられるサービスが存在しています。

ポイント大幅還元キャンペーンで一気に利用者を増加させたPayPay(ペイペイ)では、ひと頃のような高還元率ではありませんが、通常で0.5ポイントのポイント還元がありますし、条件によっては最高2.5%の還元が受けられるようになっています。

このように、キャッシュレス決済では、現金決済では得られないポイント還元というサービスを受けることができるのと同時に、現在コロナ禍の感染拡大防止対策ともなるので、積極的に利用するメリットは大きいといえるでしょう。

コメント