資産運用とはギャンブルと同じ?|投資のメリットとデメリットを理解する

進化する資産運用

資産運用は誰でもしている

資産運用というとギャンブルと同じと考えたり、損をしてしまうのでは、と思っている人もいますが、そもそも資産運用とは手元にある資金をデータや情報に基づいて運用することを意味します。

また、お金持ちだけがするものと考えている人もいますが、実はどんな人も少なからず資産運用をしています。

利息はほとんどつきませんが、銀行の定期預金に預けることも資産運用の1つといえます。

資産運用というのは、決してギャンブルでも損をするものでもないのです。

【資産運用とは?】

目標設定し、ゴールから逆算して計画的な投資を行うことです。

資産運用とは

運用で利益にこんなに差がつく

定期預金も資産運用の1つですが、定期預金だけでの運用が正しいとはいえません。

その理由はあまりにも金利が低いからです。

たとえば、定期預金の金利を0.05%だと仮定します。

100万円を10年間定期預金に預けておくと、10年後には利子が合計いくらになるかというと5,000円です(税金は考慮していません)。

それに対して仮に3%の運用で同じ100万円を10年間運用し続けたら10年間での利息は30万円です。

その差は29万5,000円になります。

同じように5%の運用だとしたら、10年間で利息は50万円(差は49万5,000円)、8%の運用では、80万円(差は79万5,000円)になります。

運用する元本が多くなればなるほど、その差が広がります。

運用次第ではそれ以上に増える可能性もあります。

利息を再投資する福利運用の場合はさらに増え方に差がつきます。

しかし、運用で必ずしも、お金が増えるとは限りません。

場合によっては目減りすることもあります。

たとえば、株やFXなどの変動する商品で運用していた場合、うまくいけば大きく増えますが、その反対に大きく減ることもあるのです。

生命保険で運用しているから安心と考えている人もいますが、生命保険でも外貨建ての保険の場合、投資先の通貨によっては為替の影響を受けることで、目減りすることがあります。

また、途中解約の際には元本割れすることもあります。

つまり、資産運用のデメリットは、元本が減る可能性もあるということです。

資産をつぎ込みすぎてはいけない

運用の資金が多ければ多いほど、増える可能性も高くなるからといって、手元にあるお金を全部つぎ込むという行動はNGです。

うまくいかなかった場合、損失が膨らむ可能性も高くなります。

失敗を取り戻すために追加のお金をどんどんつぎ込んで行くことも、さらに損失を増やすことになりかねません。

長期運用できる資金で、自身のガイドラインを決めて無理のない範囲ではじめましょう。

どんなことにもメリット・デメリットはあります。

資産運用は今の時代には必要なものだと理解した上ではじめることが大切です。

資産運用で忘れてはいけないこと

1.手元にあるお金を全てつぎ込まない

必要なときに下ろせなかったり、損失が発生する場合もあるため、投資は資金にも時間にも余裕のあるお金でするようにします。

2.ガイドラインを決める

3割値上がりしたら利益を確定する、2割下落したら損切りするなど、マイルールを決めて欲をかかないことが大切です。

3.投資それぞれのメリット・デメリットを知る

投資のメリット・デメリットを理解することで、自分に向いている投資、避けた方がよい投資を選択できます。

コメント