スマホ投資を手軽に簡単にできる!|買い物のおつりを投資に回す

進化する資産運用

【ここがポイント!】

  • 毎日の買い物で投資ができる
  • 設定金額が重要
  • ETFで運用される

買い物のおつりをコツコツ投資する

スマートフォンでアプリをダウンロードして手軽に簡単に投資ができる方法があります。

海外ではすでに「Money Box」などが広く普及している「おつり投資アプリ」です。

日本でも2017年に「マメタス」と「トラノコ」がサービスを開始しました。

おつり投資アプリとは日々の買い物の端数を投資に回すというものです。

金額を100円、500円、1,000円からあらかじめ設定しておき、商品を買った場合に出る端数を貯めて、投資に充てます。

たとえば、150円の買い物をしたら、設定金額100円の場合は50円、500円の場合は350円、1,000円の場合は850円は投資に充てられます。

100円玉、500円玉、1,000円札で支払った時にもらうおつりの額と考えるとわかりやすいかもしれません。

貯まったおつりは、月1回、口座から自動的に引き落とされて運用されるしくみになっています。

【買い物のお釣りを自動的に運用する】

おつりの自動運用

サービスの違いや特徴を把握する

「マメタス」は、ウェルスナビのロボットアドバイザーを投資の基本としており、自分のリスク許容度に合わせて運用するスタイルですが、「トラノコ」は、安定、バランス、リターンといった3つのタイプのファンドから選ぶスタイルとなっています。

どちらも投資する商品はETFですが「トラノコ」には日本のETFも含まれており、また、「トラノコ」は為替ヘッジなし、「マメタス」は為替ヘッジありといった違いがあります。

手数料やコストに関しても、双方で違いがありますので、それぞれの特性を判断して決めることが必要となります。

【用語解説】為替ヘッジ

為替の変動による外貨資産の円ベースの価値の変化を回避することことです。

海外の株や債券などに投資する場合、その国の通貨で運用が行われるので、円に換算したときに為替の変動の影響を受けないようにするしくみです。

【おつり投資アプリ「マメタス」と「トラノコ」】

アプリ

マメタス

トラノコ

投資口座

  • ウェルスナビ
  • ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行
  • ウェルスナビ for ソニー銀行
  • ウェルスナビ for横浜銀行
  • トラノコ

データ連動

  • Moneytree
  • トラノコおつり補足サービス
  • マネーフォワード ME
  • Zaim
  • Moneytree

いずれか1つ

月額利用料

無料

300円(税込)/月

出金手数料

無料

300円(税込)/件

運用手数料

1.0% (税抜)/年

0.3% (税抜)/年

対応端末

iPhone・iPad・Android

iPhone・iPad・Android

運用

ウェルスナビロボットアドバイザーで運用

リスク許容度を診断する6つの質問に答え「許容度1」から「許容度5」までのポートフォリオを診断して運用する

専用のトラノコファンドから選ぶ

  1. 安定重視の「小トラ」
  2. バランス重視の「中トラ」
  3. リターン重視の「大トラ」

令和3年4月現在

コメント