アルトコインは多種多様!|仮想通貨はビットコインだけではない

進化する資産運用

【ここがポイント!】

  • アルトコインの種類は多種多様
  • 日本の取引所であれば安全に取引できる
  •  ICOでは詐欺もあるので注意が必要

成長するものもあれば大暴落の恐れも

仮想通貨のビットコインが有名ですが、世界には2,000種類以上の仮想通貨が存在しているといわれており、それらの仮想通貨を総称して「アルトコイン」と呼ばれています。

アルトコインの種類は現在も増え続けている状況ですが、なかには「詐欺コイン」といわれるフィッシング詐欺などを目的とした悪質なものや、俗称「草コイン」と呼ばれ、価値が認められていないアルトコインも存在しますので、十分な注意が必要です。

日本では、2017年9月より仮想通貨の取引には金融庁の認可が必要となり、国内の取引所で取り扱っているアルトコインの種類は海外の取引所と比べて極端に少なくなっています。

日本の取引所で扱う仮想通貨であれば、まず詐欺コインということではありませんので、安心ともいえます。

儲け話には要注意 詐欺の可能性も

仮想通貨の「ICO」とは「intial coin offaring」の略で、クラウドセール、トークンセールとも呼ばれています。

ICOは仮想通貨を新たに発行し、販売することにより、開発費や研究費を調達することです。

資金調達という意味では、新たな株式を発行する「IPO」に似ています。

ICOに関しては、お金を集め、実際にはシステム開発などを行わず持ち逃げする詐欺なども横行しています。

安易に儲かると思って手を出すと思わぬ損失を被る恐れもあることを理解しておきましょう。

いずれにせよ、世の中に多くの仮想通貨が存在し取引されていることは事実ですし、書店にも多くの関連書籍が並んでいます。

仮想通貨の取引はあくまでも「自己責任」であるということを忘れないようにしましょう。

主なアルトコイン

銘柄

時価総額

特徴

ビットコイン(BTC)

約745,494億円

  • 世界で初めて作られた仮想通貨
  • 流通量・時価総額ともに世界一
  • 他の仮想通貨を購入するための基軸通貨
  • 世界中で決済手段として実用化されている
  • 2010年から価格が約250万倍に上昇

イーサリアム(ETH)

約201,778億円

  • 時価総額2位
  • スマートコントラクトが最大の特徴
  •  Microsoft ・トヨタなどの大企業が共同で研究
  •  2017年だけで1,000円から4万円と約40倍に上昇

リップル(XRP)

約18,534億円

  • 世界各国の主要金融機関と提携済み
  • 国際送金システムとして実用化される予定
  •  Googleを始めとした複数の有名企業が出資

カルダノエイダコイン(ADA)

約14,268億円

  • イーサリアム開発者チャールズホスキンソンが開発
  •  2017年10月2日米国取引所Bittrexに上場した
  • オンラインカジノで使われる予定

ライトコイン(LTC)

約10,684億円

  • VISAと提携し色々なサービスで使われることが決定
  • 世界で2番目に古い仮想通貨
  • 「第2のビットコイン」と呼ばれている仮想通貨
  •  2015年から価格は約40倍まで高騰

ビットコインキャッシュ(BCH)

約8,637億円

  • ビットコインから分裂して生まれた仮想通貨
  • 約半年で10倍以上に成長
  • ビットコインより大量のデータ取引が可能

ステラ(XLM)

約7,879億円

  • リップルを元に作られた仮想通貨
  • 高速な送金や決済を実現するプラットフォーム
  • ステラ内のルーメン(XML)が使われている

イオス(EOS)

約3,039億円

  • 秒当たり何百万ものトランザクションをサポート
  • 情報処理にお金がかからない
  • トークン自体に価値がない

モネロ(XMR)

約2,881億円

  • 時価総額で1年間で100倍以上上昇
  •  匿名性の高い仮想通貨
  • 韓国取引所bithumbへの上場

ネオ(NEO)

約1,805億円

  • 中国版イーサリアム
  • 開発言語が豊富
  • 提携先としてMicrosoftやアリババとの噂

2021年1月現在

コメント