介護保険のケアプラン|サービス利用に必要なプランの作成方法とは?

生命保険

この記事では介護保険のケアプランについて紹介します。

ケアプランとは「介護サービス計画」と呼ばれ、介護保険サービスを利用するために必要となる計画書で、非常に重要な書類です。

どのような生活をめざしたいのか等、希望を把握した上で、心身の状態等を分析し、必要なサービスを特定していきます。

ケアプラン作成のあたっての流れについては大まかに把握することで、必要な介護サービスを適切に受けることができます。

介護保険に欠かせないケアプランの策定

もし窓口での相談の段階で症状が重いと判断された場合、要支援者、または要介護者としての認定に回されます。

そこでの結果を受け、必要であれば居宅介護支援事業者からケアマネジメントを受けるのです。

ただし、要介護認定を受けるには一定の審査があります。

それを受けるためには、医師の指示書を受け取ってたりといった、いくつかの手続きが必要です。

数ヶ月程度はかかるので、その点は覚えておきましょう。

認定を受けたら、次はケアマネージャーが対象者の状況を調査して、それに合わせてケアプランを作成します。

居宅支援の場合、この調査の対象は本人の身体的状況だけではありません。

家族関係、家での立場、経済状況まで加味されます。

それらを総合した上で利用者とケアマネジャーが相談して原案を作成します。

さらにサービスの担当者と協議してケアプランを作るのです。

ちなみに、これは3つの書類から構成されています。

1つ目は、介護認定の結果や家族の意向、援助の指針などをまとめたものです。

次の書類には、生活上の課題と目標、提供する支援の内容・期間・頻度、およびその担当者が記載されます。

最後に、そこに記載されたケアを実施する具体的なスケジュールを週単位で記載します。

このプランは、利用者自身やその家族が作成することも可能です。

ただし、作成はかなり煩雑なので、専門家に任せてしまった方が無難です。

まとめ

介護サービスの利用とケアマネジメントの関係は以下の通りになります。

☆—☆—☆—☆—☆

今までの保険に加入する方法は生保レディなどの保険会社の販売員から直接セールスを受けて加入したり、ネットで自分で調べて加入するという方法が主流でした。

しかし、現在は保険のプロによるコンサル型の保険サービスが広まっており、家庭環境や収入、現在の保険の支払い状況などをチェックしたうえで、商品を選んで提案してくれるので、メリットが多い保険の買い方として注目されています。

保険について悩んでいる方は、一度保険のプロに相談してみることをオススメします。

保険選びや見直しはプロが無料で解決!

【保険見直しラボ】

保険見直しラボは全国70拠点以上ある訪問相談を主とした保険相談サービスです。

生命保険や損害保険の相談をはじめとする全てのサービスが無料です。

取扱保険会社は約30社と数多く取り扱っているからこそできる最適な保険の組み合わせをオーダーメイドで、最適な保険をカスタマイズします。

また、平均業界経験年数12.1年(2017年2月現在)のベテランコンサルタントが揃い、何度でも無料で相談できます。

さらに、過度な営業行為や失礼な対応があった場合、担当者を変更できるイエローカード制度がありますので安心です。

詳しくはこちら ☞ 何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

コメント