自動車保険の選び方|安全装備の進化による制度改定でもっとお得に!

生命保険

この記事では自動車保険の選び方について紹介します。

生命保険とは異なりますが、生活を維持する上で損害保険の位置づけになりますが、自動車保険にも目を向けてみます。

2018年自動車保険には様々な改定があり、自動運転の進歩で保険金の支払いが少なくなったことがその特徴です。

保障内容によっては保険料を大きく抑えられるかもしれません。

生命保険だけでなく、損害保険も節約ができないかチェックしてみるとよいでしょう。

自動車保険の検討も各人の条件に応じて判断

自動車や不動産など、生命保険とは違い、加入者の所有財産への損害を補償するのが損害保険です。

中でも、個人向けの保険として、多くの人が加入しているのが自動車保険です。

基本的に事故による賠償金などは高額になりがちです。

自動車の所有者全員が加入を義務付けられている自賠責保険もありますが、その保障だけでは事故への備えとして充分とはいい難いのです。

そんな自動車事故への備えとして用意されるのが任意保険です。

事故を起こしたら、加入者が詳細を保険会社に報告し、それが認められると、保険金を取得することができます。

選ぶ基準となるのは、保険料とオプションの内容です。

まず、大人・対物賠償に対する保障は、無制限のものがオススメで、一方の人身傷害補償保険や車両保険の内容は要検討です。

前者は、運転者同乗者の死傷に対し、保険金が受け取れる保険で、後者は車両の修理費用を保証します。

保険料や車種、年式などについても考えに入れつつ、検討するとよいでしょう。

自動車保険は2018年から一斉に保険料や保障内容などの改定が行われました。

多くの場合、保険料は今までよりも安くなります。

また、近年は安全装備も大きく進化しているため、その有無や性能も保険料に影響します。

制度の改定後、どの保険会社もこの装備に応じた保険料の減額を進めているため、既にそういった準備を整えている人は、保険の見直しを考えてもよいかもしれません。

まとめ

自動車保険のしくみは以下の図のとおりになります。

事故などのトラブルがあった場合、契約に基づいてその後のサポート、保険金の受け取りなどのサービスが受けられます。

☆—☆—☆—☆—☆

今までの保険に加入する方法は生保レディなどの保険会社の販売員から直接セールスを受けて加入したり、ネットで自分で調べて加入するという方法が主流でした。

しかし、現在は保険のプロによるコンサル型の保険サービスが広まっており、家庭環境や収入、現在の保険の支払い状況などをチェックしたうえで、商品を選んで提案してくれるので、メリットが多い保険の買い方として注目されています。

保険について悩んでいる方は、一度保険のプロに相談してみることをオススメします。

保険選びや見直しはプロが無料で解決!

【保険見直しラボ】

保険見直しラボは全国70拠点以上ある訪問相談を主とした保険相談サービスです。

生命保険や損害保険の相談をはじめとする全てのサービスが無料です。

取扱保険会社は約30社と数多く取り扱っているからこそできる最適な保険の組み合わせをオーダーメイドで、最適な保険をカスタマイズします。

また、平均業界経験年数12.1年(2017年2月現在)のベテランコンサルタントが揃い、何度でも無料で相談できます。

さらに、過度な営業行為や失礼な対応があった場合、担当者を変更できるイエローカード制度がありますので安心です。

詳しくはこちら ☞ 何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

 

コメント