お金を増やす方法|長い老後を不安なく過ごすためにできることとは?

マネー全般

将来的にお金の不安をなくすには、貯蓄を増やすことも大切ですが、ただ、貯蓄を漫然と続けているだけでは、お金が貯まることはあっても増えることはありません。足し算だけではなかなか資産は増えません。

貯蓄を始めることはもちろん悪いことではないし、大切なことですが、お金持ちは積極的に投資を行っていることを肝に銘じておく必要があります。

超低金利の時代に、2%、3%の金融商品を探そうとすれば、投資信託や株式といった投資商品にならざるを得ません。投資をすることはお金を増やす上では避けては通れないものと認識する必要があります。

平均寿命が延びてくると、定年退職後の収入を年金と貯蓄に依存するだけは不安を抱えながら生活することになります。投資して資産を増やすことが必要になってきます。

お金の不安を解消して、老後を安心して暮らしていくために投資などにぜひ挑戦してみてください。

不動産運用

不動産投資は価格の変動が株式やFX・商品先物取引よりも少なく毎月安定した家賃収入が得られるため、ミドルリスク・ロングリターンで比較的に手堅い投資といわれています。 一棟マンション・アパートやマンション1室、さらに小口化した不動産投資まで幅広く展開しています。

1.不動産投資一括請求【Oh!Ya】

不動産投資は知れば知るほどいろいろと知識が身に付き楽しくなりますが、初心者でも楽に投資ができるものではありません。ネットで調べても分からない用語が多く、よくわかりません。

その時は詳しい専門家に聞くのが一番です。しかし、どの不動産会社に聞きに行けばよいのか分かりません。まずは資料請求をして、どのような会社があるのか確認することをオススメします。

不動産投資は土地がなくでも、自己資金が少なくても始めることが可能です。 低金利時代の今が始め時で万が一の時も生命保険の代わりとなり安心です。また、相続税対策にもなります。

不動産投資の成功は最適な不動産会社選びから始まります。金利、入居率、サポート内容を信頼と実績のある不動産会社からの一括資料請求で最適なプランを比較できます。

☞ Oh!Ya(オーヤ) のページへ進む

2.一口家主【iAsset(アイアセット)】

不動産物件を所有したいが、価格が高いのでなかなか手が出せないという人が多いと思います。そこでそのオススメするのが、50万円から不動産投資が出来る「一口家主 iAsset(アイアセット)」です。

さほどずば抜けたリターンは期待できませんが、元本割れリスクを極限まで減らす工夫をしており、特に初心者の方に向いています。

1口50万円で都心のマンション1室の共有持分を購入し、購入した共有持分を賃貸にすることで、賃貸利益を受け取るという資産運用となります。

運用期間は5年で現金や預金とその他の金融商品と比べて相続税や贈与税の軽減に強みあり、部分売却や分割譲渡も可能です。

☞ 【一口家主】 のページへ進む

3.資産運用型マンション【GALA・NAVI】

資産運用型マンションとは購入したマンションの一部屋を人に貸して、安定した家賃収入を確保することを目的とした資産運用商品です。

不動産投資・資産運用に興味のある人や実際に資産運用を行っている人にタイムリーな情報を発信しています。

購入者の大半は、住宅ローンを利用して購入します。少額の自己資金で取り組み、毎月のローン返済を家賃収入で賄いながら、退職までの時間を有効に使って、将来的な年金対策や相続税対策、生命保険の代替、分散投資などとして利用しています。

☞ 【GALA・NAVI(ガーラ・ナビ)】 のページへ進む

資産運用

自動化がどの分野にも進んでいる今の時代。資産運用においても例外ではありません。自動化は金融業界でその規模を拡大してきています。自分の手が回らない範囲を自動化で稼ぐことができれば、より効率的に資金を回転させることができるようになります。 また、専属のパーソナルコンサルタントとマンツーマンで資産管理・運用をサポートするサービスもあります。こちらはお金を作る能力を伸ばす自己投資の部類になります。

1.おまかせ資産運用【THEO+ [テオプラス] docomo】

証券口座開設時の本人確認やマイナンバー登録などの手続きが不要で、dポイントクラブのアプリやWEBから簡単なステップで、dポイントを活用した投資体験ができます。

運用状況は、ポイント投資サービスサイトで投資信託の基準価額に連動した日々の増減を確認できます。また、運用中のポイントは、原則24時間365日、好きなタイミングでdポイントとして引き出すことができます。

☞ 資産運用なら【THEO+[テオプラス] docomo】 のページへ進む

2.資産運用の自動化【WealthNavi(ウェルスナビ)】

ウェルスナビは世界水準の金融アルゴリズムを提供する、投資経験者に選ばれているロボアドバイザーです。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。リスクを最小限に抑えます。

長期的な利益の最大化を目指すウェルスナビには以下のような3つの特徴があります。

  • リスク許容度に応じた自動メンテナンス
  • 国際分散投資で最適ポートフォリオ
  • 米ドル建てによる低コストのETFへの投資

フィンテック業界で大いに期待されているロボアドバイザーです。SBIグループとの業務提携発表、メガ三行のVCによる出資、ベンチャーコンテストでグランプリ受賞(RISING SUN EXPO 2016)。

☞ WealthNavi のページへ進む

3.お金のパーソナルトレーニング【bookee】

中立的なサービスなので、保険などの金融商品の販売をされることがありません。貯金やお金のトレーニングだけに集中できます。いわば、パーソナルジムの金融バージョンです。イメージとしてはライザップのお金版です。

3か月間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、iDeCo、NISAなどの知識を学び、その後12か月のフォローアップ期間合計15か月のトレーニングプランとなっています。

マンツーマンで専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金できるようになります。

☞ お金のパーソナルトレーニング「bookee」 のページへ進む

クラウドファンディング

クラウドファンディングは近年登場してきた新しい仕組みです。クラウドファンディングは群衆(crowd)と資金調達(funding)をかけ合わせた造語で、インターネット上で不特定多数の人から資金調達する仕組みとなっています。 自治体の補助金や銀行からの融資といった資金調達の方法がありますが、新しい資金調達の方法として注目を浴びています。

1.貸付型クラウドファンディング【クラウドクレジット】

貸付型クラウドファンディングとは、「資産運用をしたい投資家」と「資金を必要とする企業」をインターネットを通じて結びつけるサービスです。

投資家が運営会社を介して資金を必要とする事業者へ資金を貸付け、分配金を受け取るという仕組みの新しい投資商品です。株や為替の市場に影響されないミドルリスクミドルリターンを狙える魅力的な投資方法です。

欧米を中心に急激に拡大している市場であり、日本でも近年伸長しています。貸付型クラウドファンディングは、新しい資産運用として、ここ数年で大きく資金流入が拡大している注目の投資市場です。主な特徴は海外の成長国へ投資でき、高い利回りの商品が多く、1万円から少額投資できることが挙げられます。

☞ 【クラウドクレジット】 のページへ進む

2.株式投資型クラウドファンディング【FUNDINNO】

株式投資型クラウドファンディングとは非上場企業が抱えている資金調達上の課題を、非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。

出資する側の個人投資家は成長期待の大きいベンチャー企業に小口から簡単に投資でき、上場やMAされれば、数倍の資産を受けられる可能性があります。

これだけでなく、エンジェル税制などの制度を活用して税負担を軽減することができるというメリットがあります。

IPO投資やリターンが大きい可能性のある投資に興味がある人や成長企業に投資をしてみたい人は株式投資型クラウドファンディングでの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

☞ 【FUNDINNO】 のページへ進む

コメント