サラリーマンの株式投資|年金不安を解消するシンプルな株のはじめ方!

マネー全般

サラリーマンの方で株に興味はあっても、実際にはじめたいと考えたとき、株式投資に時間を割くことはできるのか、忙しい自分でもできるのかと不安になる人も多いのではないでしょうか。

サラリーマンとしての本業と株式投資の両立に失敗する代表的なパターンの1つに、購入した株価が気になりすぎて、本業の手がつかなくなるというものがあります。

これから株を始めようとしているサラリーマンの人であれば、このようなことにならずに済む方法はないものかと気になるのではないでしょうか。

株式投資のしくみ

株式は損をするというイメージが強いと多くの人が思っています。それは株式の価格がほかの変動商品より変動が大きいためです。株式は投資家(資金を提供する人)が、株式市場を通して企業の株式を購入します。

企業は市場から調達した資金を使い、工場の建設・研究資金など事業の拡大をしていきます。事業拡大により、収益が上がると株式の配当金や株主優待という形で株主(投資家)に還元されます。

なお、株式を発行する企業には、債券とは異なり、株主から出資されたお金を返済する義務はありません。

株主の魅力とリスク

1.株式の魅力

(1)値上がり益(キャピタルゲイン)

株の売買は、「安い時に買って、高くなったら売る」が基本です。企業の株を安く購入し、株の価値(株価)が上がった時に高く売却することで利益が出ます。

(2)配当金(インカムゲイン)

配当金とは、企業が事業活動の成果として得た利益を株主に分配するものです。たとえば、1株あたり10円の配当金が出る株を1,000株持っている場合、10円×1,000株で10,000円の配当金が受け取れます。

配当金の金額は、企業の業績等に基づいて決定されるため、企業によって異なります。業績好調で配当金が増えることもあれば、反対に業績不調で減ってしまうこともあります。

(3)株主優待

株主優待とは、自社の製品、優待券、サービスなど企業独自で提供する制度です。この株主優待を楽しみに株取引をはじめる人も多くいます。全ての企業が株主優待を実施していませんが、その注目度の高まりから、数多くの企業が株主優待を実施しています。

2.株主の主なリスク

(1)株価の下落リスク

株取引では、投資した企業の業績が好調で株価が値上りすることもあれば、反対に業績悪化で株価が値下りすることもあります。株を購入した時よりも高い株価で売却できれば利益が出ますが、安い株価で売却すると損失が出てしまいます。

株取引は元本が保証された投資ではありませんので、損失が出る可能性もあると認識しておきましょう。

(2)倒産リスク

投資した企業の経営状況や財務状況が悪化し、万が一、企業が倒産してしまうと、場合によっては株の価値がなくなってします。この場合、その企業に投資した資金は戻ってこないことがあるので、購入には注意が必要です。

(3)流動性リスク

株の銘柄によって取引量は異なり、活発に取引されている銘柄もあれば、取引が少ない銘柄もあります。取引が少ない場合、株を買いたい(売りたい)と思っても、売り手(買い手)が少ないためにすぐに換金したい場合、希望する価格で売買できない可能性があります。

少額で株式投資をしてみる

株を買うまでの流れ(購入方法)をざっと紹介します。株を買うことは決してむずかしいことではありません。それでは順を追ってみていきましょう。

1.証券会社に口座を開く

株を買うには、まず証券会社に自分の証券口座が必要です。この口座は、銀行口座のようなもので、証券口座がないと株取引ができません。(お金がなくても口座を開くことができます)。

2.自分の口座にお金を振り込む

銀行や郵便局から証券会社で開設した自分の口座にお金を振り込みます。

3.購入する株(銘柄)を選ぶ

購入したい株(銘柄)を選びます。株を選ぶときは、今後値上がりが見込める株を選ばなければなりません。株取引に慣れるまでは、よく知っているような身近な株がいいかもしれません。

4.買い注文を出す

購入したい株が決まったら、証券会社に注文を出します。どの株(銘柄)を何株(株数)買うのかの注文を出します。注文方法は2種類あり、株価がいくらでもいいから買う(成り行き注文)と自分で買う価格を決める(指値注文)があります。

5.取引成立(約定)

出した注文が取引成立することを約定(やくじょう)といいます。指値が安いなどで取引が成立しないこともあります。どうしても購入したい株であれば、指値を高くするか、成り行き注文するようにします。

長期投資で年金不安を解消する

サラリーマンにとって長期投資は、毎日忙しいときでも、無理なく継続して資産を運用できる点にあります。もちろん、長期投資だけが利益を上げる手段ではありません。デイトレードなどの短期投資で稼いでいる人も多くいます。

しかし、会社に務めているサラリーマンが、日中、何度も株価をチェックして売買することは難しく、落ち着いて仕事に取り組むことができません。

短期投資や長期投資といった投資手法の有効性に振り回されるのではなく、自分の生活に合った投資手法を選び、無理のない範囲で継続して投資をすることが重要です。その上で、サラリーマンにとっては長期投資が適切であるといえます。

長期投資は他の副業に比べてあまり手間がかからないというメリットがある上、キチンと銘柄を選んで運用すれば平均的なリターンはプラスであることが歴史的に裏付けられています。

長期投資は忙しいサラリーマンにもぴったりの副業です。将来のお金について漠然とした不安を抱えているなら、長期投資がオススメです。

☞ 無料保険相談の【保険コネクト】

将来お金の不安をなくすためにできることとは?

将来的にお金の不安をなくすには、貯蓄を増やすことも大切ですが、ただ、貯蓄を漫然と続けているだけでは、お金が貯まることはあっても増えることはありません。足し算だけではなかなか資産は増えません。

貯蓄を始めることはもちろん悪いことではないし、大切なことですが、お金持ちは積極的に投資を行っていることを肝に銘じておく必要があります。

超低金利の時代に、2%、3%の金融商品を探そうとすれば、投資信託や株式といった投資商品にならざるを得ないでしょう。投資をすることはお金を増やす上では避けては通れないものと認識する必要があります。

平均寿命が延びてくると、定年退職後の収入を年金と貯蓄に依存するだけは不安を抱えながら生活することになります。投資で資産を増やすことが必要になってきます。お金の不安を解消して、老後を安心して暮らしていくために投資などにぜひ挑戦してみてください。

○THEO+ [テオプラス] docomo

証券口座開設時の本人確認やマイナンバー登録などの手続きが不要で、dポイントクラブのアプリやWEBから簡単なステップで、dポイントを活用した投資体験ができます。

運用状況は、ポイント投資サービスサイトで投資信託の基準価額に連動した日々の増減を確認できます。また、運用中のポイントは、原則24時間365日、好きなタイミングでdポイントとして引き出すことができます。

☞ 資産運用なら【THEO+[テオプラス] docomo】 のページへ進む

○WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビは世界水準の金融アルゴリズムを提供する、投資経験者に選ばれているロボアドバイザーです。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。リスクを最小限に抑えます。

長期的な利益の最大化を目指すウェルスナビには以下のような3つの特徴があります。

  • リスク許容度に応じた自動メンテナンス
  • 国際分散投資で最適ポートフォリオ
  • 米ドル建てによる低コストのETFへの投資

フィンテック業界で大いに期待されているロボアドバイザーです。SBIグループとの業務提携発表、メガ三行のVCによる出資、ベンチャーコンテストでグランプリ受賞(RISING SUN EXPO 2016)。

☞ WealthNavi のページへ進む

○クラウドクレジット

クラウドクレジットが運営する「貸付型クラウドファンディング」は、「資産運用をしたい投資家」と「資金を必要とする企業」をインターネットを通じて結びつけるサービスです。

投資家が運営会社を介して資金を必要とする事業者へ資金を貸付け、分配金を受け取るという仕組みの新しい投資商品です。株や為替の市場に影響されないミドルリスクミドルリターンを狙える魅力的な投資方法です。

欧米を中心に急激に拡大している市場であり、日本でも近年伸長しています。貸付型クラウドファンディングは、新しい資産運用として、ここ数年で大きく資金流入が拡大している注目の投資市場です。主な特徴は海外の成長国へ投資でき、高い利回りの商品が多く、1万円から少額投資できることが挙げられます。

☞ 【クラウドクレジット】 のページへ進む

「投資」というと、難しく感じたり、損をする可能性があったりすることから、敬遠されることも少なからずありますが、その仕組みをきちんと理解して、リスクを最小限に抑えることができれば、決して危険なものではありません。

ここで紹介したもの以外にも資産を増やすのに適した方法があります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

コメント