資産形成の方法|無理のない資産の増やし方や資産運用との違いとは?

未分類

現在は金利が低く、預金だけではなかなか資産を増やすことができません。資産形成や資産運用では「時間を味方につける」という言葉がよく使われます。

少しでも早く投資を始めれば、運用で得た収益を再び投資する複利効果を生かす時間が長くなり、最終的に資産形成や資産運用の大きな力になります。

資産形成では、着実に資産を増やし、資産運用では効率的に資産を増やしていくため積極的にリスクをとった攻めの投資を行うとともに、着実に資産を増やしていくための安定した運用のいずれも大切になります。

資産形成とは?

資産があまりない状態から、貯蓄や投資によって着実に資産を増やしていくことです。いわば、資産運用の前段階といったところです。たとえば、資産運用で不動産投資をしたいという場合、不動産投資するためのお金を作ることが資産形成にあたります。

なお、資産形成をするための資産の増やし方は、働くことによる労働収入(賃金・給与・給料・賞与・事業収入)がメインになり、ここで作った資金を資産運用に回すことになります。また、資産形成の期間は資産運用のための知識の習得などの準備の期間にもなります。

資産形成と資産運用の違い

資産形成は資産を形成していく、資産を増やしていくという意味です。資産がない人は労働収入など手段を問わずに資産を形成します。資産形成は資産を増やすことが目的となります。

一方、資産運用は保有している資産を上手に活用するという意味があり、既に資産を保有している場合に良く用いられます。必ずしも増やすことだけが目的となるわけではなく、資産を減らさない、資産を守るということも資産運用の目的の一つになります。

資産が少ない人にとっては、まずは資産形成を行い、資産形成した資産で資産運用を行うという順番になります。

どのように資産形成をすればよいか

資産形成の方法は、「お金を稼ぐ」、「節約する」、「投資する」の3つです。できれば同時に行うことが望ましいのですが、投資は難しいので、お金を稼ぎながら節約することを徹底することを優先してもよいでしょう。

「稼ぐ」ための方法としては、副業・副収入、転職、起業、etc.といったように様々考えられます。この中でも副業・副収入というのは比較的着手しやすいものといえます。

「節約」に関しては固定費を中心に節約できるか検討しましょう。大きく掛かる費用の順、たとえば家賃や住宅ローン等の住居費、生命保険や医療保険の保険料、ガソリン代や駐車場代等の自動車関連費用が節約できないか検討しましょう。

最後に「投資」は資産形成や資産運用をする上で株式や投資信託等の金融商品への投資は必要不可欠になります。投資は怖いという不安感があるため、その不安を和らげ、取り除くための投資方法として積立投資があります。

積立投資を行うことで経済の状況や金融市場の動向などを意識するようになり、その後の資産運用のときのこれらの知識は役に立つので早めに行うとよいでしょう。

資産運用はどのような考えで行えばよいか

資産運用といっても方法はいろいろとあります。貯蓄や保険をはじめ、株式投資や不動産投資、投資信託などがあります。一つの方法に集中的に資金をつぎ込むのではなく、いくつかを組み合わせてリスクを分散させるのが手堅い方法といえます。

たとえば、預貯金には元本割れのリスクがなく、必要なときにお金を引き出せるという特徴がありますが、金利がかなり低いため資産を増やすことが難しく、インフレなどの潜在リスクを抱えることになります。

一方、株式投資や投資信託には元本割れのリスクがありますが、長期間の運用で資産が増え、預貯金だけでは得られないリターンを得る可能性もあります。

他方、不動産投資では多くの場合、売却までに時間がかかりますが、家賃収入や売却益など安定したリターンを見込める可能性があります。

このように、それぞれの方法にメリットとデメリットがあるため、複数を組み合わせて安定的な資産運用を行うことが理想です。

☞ 無料保険相談の【保険コネクト】

将来お金の不安をなくすためにできることとは?

将来的にお金の不安をなくすには、貯蓄を増やすことも大切ですが、ただ、貯蓄を漫然と続けているだけでは、お金が貯まることはあっても増えることはありません。足し算だけではなかなか資産は増えません。

貯蓄を始めることはもちろん悪いことではないし、大切なことですが、お金持ちは積極的に投資を行っていることを肝に銘じておく必要があります。

超低金利の時代に、2%、3%の金融商品を探そうとすれば、投資信託や株式といった投資商品にならざるを得ないでしょう。投資をすることはお金を増やす上では避けては通れないものと認識する必要があります。

平均寿命が延びてくると、定年退職後の収入を年金と貯蓄に依存するだけは不安を抱えながら生活することになります。投資で資産を増やすことが必要になってきます。お金の不安を解消して、老後を安心して暮らしていくために投資などにぜひ挑戦してみてください。

○THEO+ [テオプラス] docomo

証券口座開設時の本人確認やマイナンバー登録などの手続きが不要で、dポイントクラブのアプリやWEBから簡単なステップで、dポイントを活用した投資体験ができます。

運用状況は、ポイント投資サービスサイトで投資信託の基準価額に連動した日々の増減を確認できます。また、運用中のポイントは、原則24時間365日、好きなタイミングでdポイントとして引き出すことができます。

☞ 資産運用なら【THEO+[テオプラス] docomo】 のページへ進む

○WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビは世界水準の金融アルゴリズムを提供する、投資経験者に選ばれているロボアドバイザーです。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。リスクを最小限に抑えます。

長期的な利益の最大化を目指すウェルスナビには以下のような3つの特徴があります。

  • リスク許容度に応じた自動メンテナンス
  • 国際分散投資で最適ポートフォリオ
  • 米ドル建てによる低コストのETFへの投資

フィンテック業界で大いに期待されているロボアドバイザーです。SBIグループとの業務提携発表、メガ三行のVCによる出資、ベンチャーコンテストでグランプリ受賞(RISING SUN EXPO 2016)。

☞ WealthNavi のページへ進む

○クラウドクレジット

クラウドクレジットが運営する「貸付型クラウドファンディング」は、「資産運用をしたい投資家」と「資金を必要とする企業」をインターネットを通じて結びつけるサービスです。

投資家が運営会社を介して資金を必要とする事業者へ資金を貸付け、分配金を受け取るという仕組みの新しい投資商品です。株や為替の市場に影響されないミドルリスクミドルリターンを狙える魅力的な投資方法です。

欧米を中心に急激に拡大している市場であり、日本でも近年伸長しています。貸付型クラウドファンディングは、新しい資産運用として、ここ数年で大きく資金流入が拡大している注目の投資市場です。主な特徴は海外の成長国へ投資でき、高い利回りの商品が多く、1万円から少額投資できることが挙げられます。

☞ 【クラウドクレジット】 のページへ進む

「投資」というと、難しく感じたり、損をする可能性があったりすることから、敬遠されることも少なからずありますが、その仕組みをきちんと理解して、リスクを最小限に抑えることができれば、決して危険なものではありません。

ここで紹介したもの以外にも資産を増やすのに適した方法があります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

コメント