長期投資のポイントとは?|投資信託による運用は運用管理費が鍵!

マネー全般

投資信託は長期保有が基本になりますが、長期になればなるほど、残高にかかる信託報酬の高低はとても重要な要素です。個人投資家の間では、保有コスト(運用管理費用)の違いが運用成績に与える影響に対して敏感になってきています。

販売中の投資信託の保有コストを引き下げたり、新たな商品でコストを抑えたりする動きが目立っています。

投資信託を資産運用のメインに据えるならば、一般的な投資信託のほか、証券取引所で株式のように売買できる上場投資信託(ETF)の保有コストにも着目して、商品を選ぶようにしましょう。

投資信託にかかる手数料

一般的な投資信託は、購入する際に「購入時手数料(販売手数料)」、保有時に「運用管理費用(信託報酬)」、売却時に「信託財産留保額」の3種類の手数料がかかります。なお、購入時手数料は1回だけで、近年ではこれがかからない「ノーロード」型が増えています。

1.購入手数料

購入時手数料は、投資信託を買う時に支払う手数料のことです。手数料率は購入価格の0〜3%程度です。これは証券会社などの取り扱い金融機関によって異なる場合があります。大手証券会社に比べてネット証券は購入時手数料が低いです。

2.運用管理費用

運用管理費用は投資信託を持っている期間中に、毎日支払われる費用です。運用管理費用は「運用会社」だけに支払うコストではありません。「販売会社」、「受託会社」にも継続的に支払っています。

言い換えると投資信託に関わる3社(販売会社・運用会社・受託会社)で、運用管理費用という収益を分け合っているのです。これはファンドによって差があり、保有しているファンドに対して年率約0.05〜3%かかります。

投資信託の中でも「日経平均株価」「TOPIX」「NYダウ」などの株価指数と連動するように作られたインデックスファンドは、運用管理費用が低い傾向あります。

一方、積極的に利益を追求するアクティブファンドは、投資信託を構成する銘柄に関する調査や組み換えなどにコストがかかり、運用管理費用が高くなる傾向があります。

3.信託財産留保額

信託財産留保額は投資信託を換金するときにかかる費用です。投資信託は様々な「株」や「債券」をまとめて運用しています。そしてこれらを換金するためには費用がかかります。

この費用を投資信託を持ち続ける別の投資家に負担させるのは不公平であるため、信託財産留保額という形で費用を負担するというしくみです。これもファンドによって異なりますが、0〜0.5%程度かかります。

わずかな差でも長期ほど収益に差がつく

たとえば、運用管理費用が年率1.08%のAファンドと同0.324%のBファンドがあると仮定します。

両ファンドに100万円投資したとして、単純に保有コストだけを考えれば、Aファンドは5年で5万4,000円、10年で10万8,000円かかるのに対し、Bファンドは5年で1万6,200円、10年で3万2,400円で済みます。

この例で分かるように保有期間が長いほど、保有コストの差が運用成績に与える影響が大きいといえます。

保有コストが低いETFは少額の積立投資には不向き?

保有コストが一般的な投資信託より低いのがETFです。ETFは証券取引所に上場しており、株式と同じ方法で売り買いができます。保有コストが低いほか、買った値段、売った値段がわかるのがメリットです。

このように魅力的なETFですが、少額では投資を始められないデメリットがあります。それはETFが通常の株式投資と同様の手数料体系となっているために売買手数料が割高なことです。

このためにETFは最低購入単価が数万円程度とやや高めで、少額を積み立てて投資できる証券会社などの金融機関は少ないです。

少額の積立投資に向いた商品とは?

時間分散を活用した「積み立て購入(定時定額購入)」を行うには、一般的な投資信託が向いています。定時定額購入は、価格が低い時にたくさんの量を買い、価格が高いときには少ない量を買います。

結果として、定期的に一定の量を購入していく定時定量購入よりも、平均購入単価を引き下げる効果があります。平均購入単価を抑え、収益を得るチャンスを増やすことができるのです。

リレー投資とは?

リレー投資を簡単にいうと、購入手数料の安い通常の投資信託で積立投資を始め、一定金額が貯まったらETFに乗り換える投資方法です。

東京証券取引所第一部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)に連動した投資を考えるとしましょう。TOPIXに連動する一般的な投資信託で最も運用管理費用が低い商品は年率0.159%です。

同様のETFで最も運用管理費用が低い商品は年率0.06%です。運用管理費用が低い一般的な投信を毎月定額で買い、ある程度の金額を購入したら、それを売却してETFを購入するのです。

たとえば、毎月1万円ずつ購入手数料無料で投資信託を積み立てておいて、1年経って12万円になったら投資信託を解約し、その資金を元にETFに投資します。

購入手数料は安いですが信託報酬が割高な投資信託と、購入手数料は高いですが信託報酬が安いETF、この両者のメリットを最大限に引き出せるのがリレー投資のメリットです。

ETFでは国内外の株価指数や海外の債券指数などに連動する商品に加え、国内債券指数に連動する商品も上場し、国際分散投資が可能になります。

高配当株だけで構成された株価指数に連動する商品も上場されており、保有コスト以外にも、注目すべきポイントはたくさんあるのです。

☞ 無料保険相談の【保険コネクト】

将来お金の不安をなくすためにできることとは?

将来的にお金の不安をなくすには、貯蓄を増やすことも大切ですが、ただ、貯蓄を漫然と続けているだけでは、お金が貯まることはあっても増えることはありません。足し算だけではなかなか資産は増えません。

貯蓄を始めることはもちろん悪いことではないし、大切なことですが、お金持ちは積極的に投資を行っていることを肝に銘じておく必要があります。

超低金利の時代に、2%、3%の金融商品を探そうとすれば、投資信託や株式といった投資商品にならざるを得ないでしょう。投資をすることはお金を増やす上では避けては通れないものと認識する必要があります。

平均寿命が延びてくると、定年退職後の収入を年金と貯蓄に依存するだけは不安を抱えながら生活することになります。投資で資産を増やすことが必要になってきます。お金の不安を解消して、老後を安心して暮らしていくために投資などにぜひ挑戦してみてください。

○THEO+ [テオプラス] docomo

証券口座開設時の本人確認やマイナンバー登録などの手続きが不要で、dポイントクラブのアプリやWEBから簡単なステップで、dポイントを活用した投資体験ができます。

運用状況は、ポイント投資サービスサイトで投資信託の基準価額に連動した日々の増減を確認できます。また、運用中のポイントは、原則24時間365日、好きなタイミングでdポイントとして引き出すことができます。

☞ 資産運用なら【THEO+[テオプラス] docomo】 のページへ進む

○WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビは世界水準の金融アルゴリズムを提供する、投資経験者に選ばれているロボアドバイザーです。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。リスクを最小限に抑えます。

長期的な利益の最大化を目指すウェルスナビには以下のような3つの特徴があります。

  • リスク許容度に応じた自動メンテナンス
  • 国際分散投資で最適ポートフォリオ
  • 米ドル建てによる低コストのETFへの投資

フィンテック業界で大いに期待されているロボアドバイザーです。SBIグループとの業務提携発表、メガ三行のVCによる出資、ベンチャーコンテストでグランプリ受賞(RISING SUN EXPO 2016)。

☞ WealthNavi のページへ進む

○クラウドクレジット

クラウドクレジットが運営する「貸付型クラウドファンディング」は、「資産運用をしたい投資家」と「資金を必要とする企業」をインターネットを通じて結びつけるサービスです。

投資家が運営会社を介して資金を必要とする事業者へ資金を貸付け、分配金を受け取るという仕組みの新しい投資商品です。株や為替の市場に影響されないミドルリスクミドルリターンを狙える魅力的な投資方法です。

欧米を中心に急激に拡大している市場であり、日本でも近年伸長しています。貸付型クラウドファンディングは、新しい資産運用として、ここ数年で大きく資金流入が拡大している注目の投資市場です。主な特徴は海外の成長国へ投資でき、高い利回りの商品が多く、1万円から少額投資できることが挙げられます。

☞ 【クラウドクレジット】 のページへ進む

「投資」というと、難しく感じたり、損をする可能性があったりすることから、敬遠されることも少なからずありますが、その仕組みをきちんと理解して、リスクを最小限に抑えることができれば、決して危険なものではありません。

ここで紹介したもの以外にも資産を増やすのに適した方法があります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

コメント