ライフイベント費用|結婚・マイホーム購入・教育費・老後資金はいくら?

お金を使う

「結婚」「マイホーム購入」「教育費」「老後資金」は大きな出費を伴うライフイベントです。

予算はいくら必要なのでしょうか?

結婚費用は価値判断次第で大幅に変わる

普段の生活費以外にも、人生には大きなイベントに伴って出費がかさむこともあります。

代表的なのは、「結婚式の費用」「マイホーム購入」「教育費」「老後の費用」の4つです。

まず統計データをもとに「結婚式の費用」から見ていくと、結婚式の自己負担額は約49万円です。

これは「結婚の平均費用約469万円」から「ご祝儀の平均総額228万円」および「親からの援助の平均額192万円」を差し引いた金額です。

費用全体で見ると実質負担額が約1割となっています。

結婚式の1人分のご祝儀の相場は、一般的に3万円もしくは5万円となっています。

40人から60人規模の結婚式であれば、およそこれぐらいのご祝儀の総額となるでしょう。

結婚式についての平均費用は約387万円で、その内訳は2人分の結婚指輪約25万円と結婚式代約362万円に分けられます。

結婚費用の約387万円という金額は、「人生の節目として考えれば安い」と捉えるか、あるいは「たった1日のために見栄を張るより身の丈に合った式にする」と考えるのか。この辺の価値判断は夫婦それぞれでしょう。

また、ここに挙げている金額はあくまで1つの統計データを用いた平均であり、規模次第ではもっと高くもなれば、安くもできるでしょう。

ただし、300万円を超えるお金は決して少額ではありません。

結婚後も家計の管理はこれまで通り続き、生活は維持しなくてはなりません。

ライフイベントは結婚だけではないことを前提に置いて、慎重に話し合いながら計画してみましょう。

住宅ローンの返済は多くても手取りの25%以内に収める

マイホームの購入は人生で一番大きな買い物といわれています。

2019年度の住宅金融支援機構のデータによると、中古を除いた戸建ての平均物件価格は約3,735万円(注文住宅と土地付注文住宅と建売住宅の単純平均)です。

一方でマンション(中古を除く)の平均物件価格は約4,521万円となっています。

マイホームを購入するとき、ほとんどの人が住宅ローンで融資を受けますが、そのときに注意したのが「返済額が手取り月収の25%以内」にしておくことです。

これを大幅に超えると住宅ローンの返済が家計を圧迫し、資金計画に支障が出るケースもあります。

継続的に無理なく完済できるか、現実的な返済額かどうか判断してから借入額は検討しましょう。

まだ、「低金利」が住宅ローンを組む際のポイントです。

金融機関はネット型や店舗型銀行などたくさんの種類がありますが、金利はわずか数%の差で、毎月の返済額と総返済額に大きく影響します。

住宅購入の仲介業者が提案する金融機関以外も視野に入れつつ慎重に検討しましょう。

教育費はいつ私立を選ぶかが大きな分かれ目

「教育費を子どもにいくらかけるのか」、これは子どもを持つ多くの親が直面する問題だといえます。

教育費に大きく影響を与えるのは、「公立か私立か」の教育機関の選択です。

幼稚園から高等学校まですべて公立だった場合とすべて私立だった場合は、公立が約541万円、私立が約1,830万円で実に3倍以上の差があります。

大学まで進学したときの費用を含めると、約220万円の差があるのでさらに広がります。

私立であるかどうかの差が最も開くのは、小学校の6年間です。

公立だと総額約193万円ですが、私立だと約959万円で約5倍という大差がつきます。

このように教育費の差は、いつから、またはどのくらいの期間、子どもを私立に通わせるかで大きく変わってくるといえます。

一方で、自身の老後資金についても意外と後回しにしがちですが、金額は少なくありません。

総務省の統計によると年間約55万円不足というデータもあり、やはり早めの準備が必要といえそうです。

出費も大きい人生の4大イベント

一般的に人生における出費の大きい4大イベントは「結婚費用」、「マイホーム購入」、「教育費」、「老後の費用」といわれています。

実際にどのくらいかかるものなのか確認しておきましょう。

1.結婚の費用

〇結婚の費用

結婚式の費用

※結婚の平均費用の算出時に用いた各項目の平均金額を掲載しているが、これは結納・会場費および両家の顔合わせ・会場費については実施した人の、その他の項目については費用の発生した人の平均金額であり、各項目の平均金額の合計は、結婚の平均費用とは一致しない

出典:「ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ

実質的には親からの援助があれば総費用の約1割の負担、援助がない場合でも約5割の負担で済みそうです。

結婚費用は平均額にこだわらない!|結婚式や新生活の費用の節約方法は?
平均額にこだわらず自分たちに会う予算を立てる 結婚情報誌「ゼクシィ」の調査によれば、2020年の婚約から新婚旅行までの費用は全国平均で約469万円となっています。 家電や家具の購入など、新生活を始めるための費用の平均が約62万円ですから...

2.マイホーム購入

(1)住宅購入価格

マイホームは人生で一番大きな買い物ともいわれています。

〇全国の所要資金(=物件価格)

マイホーム購入

出典:住宅金融支援機構「2019年度 フラット35利用者調査」より(所要資金=物件価格として)

住宅金融支援機構の調査によるとマンションよりも戸建てのほうが安い傾向あります。

住宅購入のポイント|戸建てとマンション・中古と新築のどちらがよいか?
住みたい場所と予算から柔軟に選択する 住宅を購入すると決めたら、新築が戸建てなどにこだわらず、まずは住みたい場所の価格を調べます。 予算によっては新築の予定が中古に、戸建てからマンションに変化するかもしれません。 自分が住宅に求めるこ...

(2)住宅ローン活用の2大原則

〇毎月の返済額は手取り月収の25%以下

住宅ローン活用(返済)

できれば手取り月収の20%以内が理想的です。

住宅ローンの返済計画を立てる!|住宅ローンを組む前のポイントとは?
ローンはなるべく少なく毎月無理なく返せる額にする まず誰が住宅ローンを組むかを決めましょう。 シングルなら自分1人で借りますが、結婚しているなら夫婦で借りる「ペアローン」も可能です。 住宅ローンを組む際は年収などをもとに審査があり、借...

〇「低金利」で銀行を選ぶ

住宅ローン活用(銀行)

銀行も種類があります。

住宅ローンの選び方のポイント!|より有利で自分に合うものはどれ?
金融機関により金利が異なる より有利で自分に合うものを選ぶ ローンの中で最も金利が低いのが住宅ローンです。 ただし、借入額が大きく返済期間も長いので、支払う利息は相当な金額になります。 たとえば2,500万円を固定金利2.0%で借りて...

(3)金利別の住宅ローンのシミュレーション

〇(金利別)住宅ローンのシミュレーション

(金利別)住宅ローンのシミュレーション

わずか1.5%の違いであっても900万円もの差が生じます。

【手取り月収から支払い可能か判断】

住宅ローンを組むときは、年収を基準にするのではなく、手取り月収をベースにしましょう。

購入希望物件との差がある場合は、その不足分を頭金として確保してからでないと、住宅ローンの負担が大きくなるので注意が必要です。

住宅購入価格の目安の立て方|無理なく買える物件はいくらくらいか?
無理なく払えるローン返済額と手持ちの貯金から目安を立てる 住宅を現金一括で買う人は少なく、通常は住宅ローンを組みます。 無理なく払えるローン返済額を明確にし、手持ちの貯金と合わせて、買えそうな価格を試算しましょう。 まず毎月のローン返...

3.教育費

すべて私立だとすべて公立だったときの約3倍の費用がかかります。

(1)教育費は私立かどうかが大きな差

〇幼稚園から高校までの学習費総額

学習費総額

出典:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査

〇大学4年間の費用(授業料×4年間+入学金)

大学4年間の費用

出典:文部科学省「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」、

文部科学省「私立大学等の令和元年度入学者に係る学生納付金等調査結果について

【幼稚園から中学校まで公立、高校と大学は私立の場合】

約1,156万円

子育て費用はどのくらいか?|子どもの養育費と教育費はいくら必要か?
子どもが自立するまでに総額で200万円以上必要? 子どもを育てるには食事や衣服など生活のための養育費と学校の授業料などの教育費がかかります。 家庭の事情や進路によって変わりますが、養育費は年間平均約63万円、教育費も加えると、大学を卒業...
教育資金の貯め方はどうすればよい?|無理のない基本的な方法はこれだ!
コツコツと貯めておきたいのは高校以降の進学費用 子どもにかかるお金のうち、養育費は月々の生活費から賄います。 教育費も義務教育である小・中学校までは生活費の一部として払えるでしょう。 高校生になると高等学校等就学支援金がもらえ、公立な...

4.老後の費用

人生100年時代の現代で避けて通れない問題となっています。

(1)老後の生活費は公的年金だけは不足する

老後(65歳以降)の年間不足金額は以下の月々の【収入】と【支出】の差から約55万円となり、公的年金だけでは生活ができない状況であるといえます。

【収入】

夫婦2人で毎月受け取る公的年金 : 平均19万円

【支出】

毎月の支出

食費

64,444円

住居費

13,656円

水道光熱費

19,267円

家具・家事用品費

9,405円

衣料費

6,497円

保健医療費

15,512円

交通・通信費

27,576円

教養・娯楽費

25,077円

その他(雑費・交際費など)

54,043円

合計

235,477円

出典:総務省「家計調査<用途分類>1世帯当たり年平均1か月間の収入と支出 (高齢者のいる世帯)世帯主の就業状態別」(平成29年)<夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯>

老後資金の目安はいくら?|老後にかかるお金を試算してみる
「老後資金は2000万円必要」というフレーズが象徴するように、多くの人が年金だけでは老後の生活が成り立たないのではないかという不安を抱えています。 老後に備えて資金を捻出するためには、具体的な目標設定と、それに合わせた家計の見直しが必要で...

(2)老後資金は最低でも1,000万円!?

必要な老後資金

老後期間

65歳以降に必要な老後資金

15年(80歳まで)

約825万円

20年(85歳まで)

約1,100万円

25年(90歳まで)

約1,375万円

30年(95歳まで)

約1,650万円

平均寿命

男性

81.41歳

女性

87.45歳

出典:厚生労働省「令和元年簡易生命表の概況

【平均寿命を考慮すると最低でも1,000万円は必要】

男女の平均寿命をおおよそ85歳とした場合、定年65歳以降「老後」期間とすると、その期間は平均20年間となります。

老後2,000万円になるといわれていますが、総務省の統計データによると、年間55万円以上が不足し、20年で約1,100万円以上の老後資金の確保が必要となります。

節約して生活するとしても最低でも1,000万円は必要といえそうです。

老後2000万円を達成するには?|コツコツと計画的に貯める方法
財形貯蓄+ iDeCoなどをいくつか組み合わせる 老後資金を準備する専用口座に「確定拠出年金」があります。 個人型(iDeCo)は、20歳以上であれば原則利用可能です。 月額の掛け金には上限があるので、他の方法も組み合わせるのが増やす...

コメント